二重まぶたの整形費用を知って理想の自分へ|アナタを変える魔法

マーカーをつけられる女性

施術の費用

目元についたマーカー

目のコンプレックスを解消すると、多くの女性が美容整形クリニックのプチ整形である二重まぶた整形を利用しています。多くの日本人が一重だと言われています。目の印象で人の顔つきや見た目というのは大きく違いができるのものです。二重まぶたであれば、目が大きく綺麗に見えるなどの特徴があります。一重だと、どこか小さく元気がなかったりという印象を受けることも少くはありません。目というのは自分を、印象づける最高のパーツといても過言ではリアません。そのため、多くの情勢が少しでも目を大きく魅せたり、綺麗に見せようと二重まぶたのプチ整形を受けている人が多いのです。二重まぶたにする整形術法も複数の種類に分かれています。埋没法と切開法、部分切開法と言われるものにわかれているのです。施術内容はそれぞれ、違いもちろん費用もそれに合わせて全く違うのでどの施術法がどれだけの費用がかかるかは調べておく必要があります。

多くの日本人が、埋没法という二重まぶたのプチ整形を利用しています。二重のラインを作るのに糸を使って瞼を固定して二重まぶたを作っていきます。そのため、片方にかかる時間も最短で5分から最長で10分前後の施術時間となっていて傷口も小さいため大きな腫れもありません。しかし、効果が二重である効果が永続ではないので注意が必要です。お手軽にできるイメージが有る埋没法の費用は、他の方法に比べてやはりリーズナブルな設定費用になっています。安いところであれば5万前後から始めることができ高くても10万と平均的な値段となっています。これは瞼を固定する豊富でも値段が変動するので施術を行う前に、固定する方法は何点でとめるかを確認しておくことが大事になるといえます。また、埋没法は一度行った施術でも徐々にたるんできて一重に戻ってしまいます。しかし、これの性質を上手く利用することで一回目の施術が気に入らなければ再度手術を受けるということもできるのが埋没法の利点だと言えるでしょう。

切開法や部分切開も、利用している女性は少くありません。しかし、こちらは埋没法に比べて費用も少し高めに設定されてします。埋没法の施術と大きな違いはやはり、こちらは切開というぐらいなのでメスを使用するということでしょう。そのため、施術時間は片目が最長で30分となっています。埋没法よりは少し長いですが、それでも気軽にできる時間範囲内だと言えます。そして、メス以外にも大きな特徴なのが、一度この方法で二重を作ると永続的にその二重まぶたでいられるということです。埋没法のように、時間が経つと一重まぶたにもどるということはありません。一生、二重まぶたでいることが可能なのです。しかし、美容整形クリニックによっては部分切開法は実施されていないとこもあります。加えて、施術料金も10万円からと高額なスタートになっており、最大では30万前後と大きな開きが存在しています。同様に、切開法の料金も平均26万円前後とかなり高額になっています。それでも、一度の施術で二重まぶたを作れると大変人気なのです。少し、費用はかさみますが埋没法と切開法を上手く利用することで自分の気に入った二重まぶたを探すことができます。どうしても人は、気に入らないということが出てきてしまいます。二重まぶたにするために切開法でやってしまうと元に戻ることはありません。そこで、まずはじめは埋没法を利用しつつ気に入ったのが見つかったら切開法に切り替えて施術を行なうという使いかたも可能です。